読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門田だけどあーや

一般的に、看護師として勤務する人は大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率のシゴトであると言っていいでしょう。



さらに、はたらく時間が規則的でないこととか、労働環境の大変さによって離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。

一口に看護師と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置もまたちがいます。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、看護師としてのやる気も湧いてきます。



このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。

しかし、よく見てみると、純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。

仮により高い給与を看護師のシゴトで得たいのならば、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、出来るだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですよ。この夜勤があるかどうかによってかなり手取りが左右されます。

もし転職される場合には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けなければならないことがあります。
注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望のりゆうの書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来沿うだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来沿うだというようなりゆうなど前むきな印象を受ける内容が適すると思います。


看護師になろうと思っていました。でも、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。でも、夢を諦められませんでした。
資格を持たないまま看護関係のシゴトに転職すると言うことも出来たのですが、やはり看護師の資格がほしいと悩んでいたところ、実際に看護助手の立場ではたらきながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。看護師の夢をかなえる道が発見されて、とてもうれしいです。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、沿うではありません。
グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても看護師は必要とされています。
グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要がありますね。介護関係に携わりたいという看護師の方は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。


色々な病気を患い心細い患者にとっては看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


数多くのおぼえなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。



このようなシゴトのストレスで、こころの病に侵される看護師も今では珍しくありません。


看護師の中でも特に、真面目で責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。

あなたは「看護師」ときくとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。
ただ、実際の看護師のはたらき方を見てみると、給料としてはまあまあ貰えてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。
たしかにいい点持たくさんありますが、それだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。