読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田のまぁしぃ

ホワイトニングの施術を進めていく上で、タバコはまさに大敵といえるでしょう。









とり理由、ホームホワイトニング(自宅でおこなうホワイトニング)のように、ホワイトニングを徐々に進めていくタイプのやり方なら、毎日コツコツと処置を続けている意味がないということにもなります。









よって、本気でホワイトニングを進めるのであれば、喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりだそうです)習慣をやめて禁煙することを強く推奨します。









また、歯列矯正をうけている際にも煙草は避けた方がいいでしょう。









一口にホワイトニングと言っても色々あります。









歯科に通ってうけるものの他、ホームホワイトニングといわれている、自宅用の機材を使って行えるタイプもあります。









しかし、薬液の効果が薄かったり、マウスピースを付ける時間が長く取れなかったりすると、思ったように効果が出ないで残念な結果に終わってしまうことも考えられます。









ちなみに歯並びを矯正する治療をうけている間は、歯のホワイトニングをおこなう事が出来てないと思われがちですが、口内の状態によっては、工夫により矯正と並行してホワイトニングの施術もおこなう事が出来てます。









多くの方が利用している歯列矯正ですが、その施術にあたっては、歯科医師の判断にもよりますが、抜歯が必要なこともあるようです。









歯並びが不揃いな場合、正しい位置に戻そうとすると、他の歯に干渉して思うように動かせない場合がありえるのです。









この場合、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯の並びが広がってしまって、最悪の場合は顔の形まで変わってしまいます。









いっつもの日常の中でも自由になれる時間ってそう多くないですよね。









そうした日々の中で歯並びを良くするために矯正をうけようと思っても通院回数が多いのではないかと気にされる方も多いでしょう。









矯正後、週一回の頻度で通院してちょうだいと言われたとしてもそう簡単ではないですよね。









殆どの歯科矯正では、矯正器具の装着までが大事で、後の治療は、ちゃんと清潔に出来ているかが主な治療内容になっていくでしょう。









日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば通院頻度を減らすことが出来ると思いますから、担当の歯科医に尋ねてみることを御勧めします。









子どもの頃から歯並びが良くありませんでした。









ですから、矯正することにしたのですが、しばらくすると身体の調子がおかしくなりました。









矯正をしてから日も浅かっ立ため、まさか歯科矯正のせいだとは全く気づきませんでした。









病院の先生によると私は元々の噛み合わせに特徴がある為、矯正によって無理に歯並びを変えるとすごくな確率で肩こりや頭痛が出ることがあるようなんです。









歯科医からちゃんとした説明が欲しかったです。









多くの方が利用されている歯科矯正。









それは、矯正器具を装着して歯に力をかけ、あるべき形に歯並びを矯正していくという、時間のかかる治療です。









むろん、歯に負担がかかるほどの負荷という理由ではないですが、歯にかかる痛みや、それによる精神的ストレスに苦しめられる場合もあるのが実情です。









慣れればどうということはありませんが、しばらくしても苦痛が残るときには、まあいいかと放っておくのではなく歯科で再診をうけることが重要です。









ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、効果が得られるのは自然の歯だけです。









つまり、差し歯やインプラントの人工歯の場合、天然の歯のように白くなるということはありません。









たとえほかが白くなっても、一部だけ白くない歯が残っていたら、却って全体の印象が不自然になるかもしれません。









とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、全体の白さを保つ方法はあります。









歯科矯正で歯並びも同時に調整したいという人は、ぜひ審美歯科の利用を検討してみてちょうだい。









多くの方が畏れる、歯科矯正の痛み。









それには、瞬間的なものと継続的なものがあるので、それぞれの性質を知っておきましょう。









瞬時に生じる痛みのほうが、苦痛の度合いは強いと言われていますが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。









ワイヤーで歯を動かすことで感じる痛みのほか、口腔内の粘膜に矯正器具が干渉して、常に口の中に生傷が絶えないという状態になるのです。









短くとも一年、長いと三年ほどこの苦痛に耐えないといけないので、長くつづく痛みや苦しみに耐えられない人には、歯科医院でも歯列矯正の利用は御勧めしていません。